福島牝馬ステークス2019オフレコ予想!この時期の牝馬は信用できない

馬産地北海道では、種付けと出産ラッシュがようやく一段落付きそうとの事だ…

 

 

毎年この時期の生産者はピリピリしていて、ちょっとでもリスケしよう様ならいつもは温厚な人でも「時期をかんげーてみてくれ」とお冠になる。

 

種付けと出産は生産者にとって死活問題なので、この扱いも仕方ないと割り切っているのだが、競馬においても繁殖シーズンは無関係ではない。

 

競走馬も生き物である以上、繁殖の時期に入るとホルモンバランスが安定せず、急に走らなくなったりすることが頻繁にある。もちろん化学は進歩していて、それらを獣医学的にある程度抑える事も可能なのだが、生きようと言う力に勝るものはなく、無駄に終わるケースも多い…

 

 

第79回皐月賞で帯封払い戻し達成!

先週の皐月賞はサトゥールナーリアを1着固定で相手4頭を選出、しかも◎→〇→▲→△で入線し、これ以上ないパーフェクトな的中で、またもや一撃で帯封払い戻し達成となった。

 

このブログを読んでくれてる熱心な読者の方からも、嬉しい的中報告が届いたので、紹介させてもらう。

 

結果的に配当そのものは、3連単で43.9倍と然程荒れなかったが、回収率は上記で3815%を達成し、これで2019年のGⅠレース全てを的中させる事が出来た。

 

オフレコ情報の威力を、存分にご堪能いただけたのではないだろうか。危険な情報も、もちろんあるが、そこは十分配慮した上で、オブラートに包んで書いている事もあり、コンプライアンス上は問題ないと思われる。

 

まぁ、勝てば官軍なのだ!
今週はGⅠ競争が無く、1週空く形になるが、その分ローカルの福島と中央開催の重賞で稼ぎたいと思っている。(ただし、平場のオフレコ情報は簡単には教える訳にはいかないけどね)

 

冒頭にも書いた様に…
この時期の牝馬には特に注意が必要だ!

 

ご存知の方も多いと思うが、牝馬には(フケ)と言って、年に一、二度排卵期間がある。牡馬にも年中(馬っ気)を出している馬もいるが、牝馬はこの時期が一番厄介なんだ。

 

このフケの見分け方は存在せず、素人がパドック等で判断するのは絶対に無理だと言っていい。

 

関係者が「この馬はフケが出てるよ」と教えてくれるわけでもないし、実際はフケが出て負けると判って出走させる陣営は殆どないと言っていい。

 

 

ここからがオフレコ情報

今回の福島牝馬ステークスはもとより、桜花賞やオークスのような大きなレースのときは、人間がピルで排卵をコントロール出来る様に、馬のフケも薬で多少はコントロールできる。

 

だが、たまに本命馬が惨敗し場合、フケが原因のように言う関係者もいるが、オーナーサイドに対するの言い訳でしかないし、それだけ関係者であってもフケを見分ける事は難解極まりないのが現状なんだ…

 

この様に、繁殖シーズンの牝馬の取捨は、例え人気馬であっても例外なく起こる現象であり、今回出走の人気馬の中にも怪しい馬が数頭居ると言う極秘情報を入手しているが、これは直前までオフレコにしておくが、今回は俺が激穴に推す馬を一頭ピックアップした。

 

人気ブログランキング参照
※オフレコ激穴馬はここに記載↓

 

格下ななで全くの人気薄になるが、新馬戦(1着)の鞍上が乗って来るらしく「それなら買える!」と言う訳で激穴馬に推奨している。8頭立て7番人気2着の実績もあり、今回前をさばき易い頭数だけに侮れない一頭になる。

 

福島牝馬Sの買い目は無料メルマガでの配信を予定なので、よかったら下記からご登録頂きたい。

 

無料で激アツの買い目を得る事が出来る!

メルマガ登録・解除
メルマガID:008178
 

 

ご利用規約 powered by 競馬TV

 

最近、有料情報についてのお問い合わせを多く頂く様になった。

 

だが、現状ではいくら的中しているからと言って、人様からお金をいただいて情報を売るのがどうしても納得がいってない。

 

対価を頂く事、それはすなわち「会員様の想いを背負う」と言う覚悟がなくては出来ない事でもある。

 

前回のブログにも書いたのだが、ゆくゆくは有料化に向けて動き出さなければいけない時期に来ているのは確かで、自らが購入する馬券に限界と判断したからこそ、このブログを開設したのだが、極秘情報を有料とは言え他人に教える事に対して抵抗を感じているのは間違いない。

 

誰もが自分だけ儲かりたいもの…

有料化した暁には、重賞だけではなく、これまでひた隠しにしていた平場の極秘情報の配信をどうするかが悩ましい…

 

あ、別に重賞だけ販売すればいいのか(笑)
何のために苦労して情報を集めているのか本末転倒にならない様、これからは慎重に書いていきたいと思っている。

 

このブログに対するお問合せや、的中報告は下記までメールにてお問合せ下さい

オフレコ馬券師、趙雲へメール

 

今週は重賞が3つ開催されるが、可能な限りブログも書いていきたいと思う!

 

【真・オフレコ馬券術-猛将伝】趙雲