青葉賞2019予想と、ダービへの最終切符争奪戦の買い方

青葉賞2019予想と展望を行って行きたい!
当然だが、日本ダービーの最終切符がここで決まる

 

 

青葉賞から本番の日本ダービーで好走する馬は少ないのだが、昨年のエタリオウ(ダービー4着)を始め、フェノーメノ(2着)も輩出するなど、決して馬鹿に出来ない前哨戦となっている。

 

東京コースと言う事で、最も大事なのが

末脚(上り)なのは言うまでもない

 

特に前走、2000m以上の距離で上り最速をマークした馬には要注意だ。

 

コースは異なるが、前走の山吹賞で上り最速で勝利したカウディーリョに俺は注目しているが、果たして思い描く通り好走してくれるのだろうか?

 

メルマガでも報告したのでご存知の方も多いかと思うのだが、俺は中央競馬の平場…特に新馬戦や未勝利戦が大の得意だ。

 

一見して不確定要素が多いと思われガチなのだが、未勝利戦でもGⅠでも競馬は競馬!

 

投票数の違いはあるが、これほど分かり易くて情報通りに決まる条件って他にはない。

 

先週の日曜日に行われた京都3Rがいい例

 

少し早起きし、トレセンの関係者に聞いたところ、京都3R(3歳未勝利)に右回りを待って出走して来た『ロナ』が勝負と言われたので、相手には福山競馬から中央へ行って頑張ってる岡田くん…

 

加えて、昨年12月の阪神戦ブービー人気ながら3着に激走したウェーブクリスタルが順調に仕上がったとの事だったので、ロナを軸にしたマルチ馬券を購入したところ、この3頭で決まり、3連単は160,540円の高配当的中となった!

 

この様に美味しい馬券は何も重賞だけではなく、平場…それも未勝利戦や500万下の条件戦に落ちている事は情報屋稼業を生業としている俺にとって、稼ぎ多きレースとなっている。

 

 

【青葉賞】の予想と展望

当然の事だが、このレースに日本ダービーへの優先出走権が与えられるのだが、このレースを制した馬から後のダービー馬が出てない事もあるのか、2009年までは3着までに優先出走権を付与していたが、2010年から2着までに変更されている。

 

この事もあって、どの陣営も「何とか連に絡まないと話しにならない」と言う事を前提条件にした作戦を組んで来るのは間違いなく、馬券圏内・着狙いの馬はほとんんど皆無と言っていい。

 

したがって、今回のポイントとなるのが逃げ先行馬の存在と作戦で、もちろん逃げ馬はスローに落として逃げ込みを図りたいだろうし、差し馬は出来るだけハイペースになって、上りの競馬をやりたいはず。

 

基本的に差し、追い込み馬にとって府中コースは願ってもないコースになるので、多少早仕掛けの馬も出て来る傾向にあり、ゴール前大混戦と言うレースになるケースが大半だ。

 

今回のメンバーを見てみると、リオンリオンが行くくらいで、他はどうしても前でないとダメな馬は不在…

 

前走の毎日杯で、好位から競馬をして結果を出したウーリリと、京成杯2着のランフォザローゼスが、ともに番手で競馬が出来るなら、ここは両馬とも好勝負必至となるだろう。

 

スタート直後のポジション争いには注目だ!

 

 

ここからがオフレコ情報

とは言え、先行馬同士で決まるほど東京2400mは甘くなく、冒頭にも書いたのだが、俺はこのレース上りの勝負になるのはほぼ間違いないと見ている。

 

注目の一頭をここで紹介しよう!
アドマイヤスコール
セントポーリア賞は1000メートル通過が61秒9のスローの流れで、中団やや後ろから攻めたこの馬には展開が向かなかった。それでも上がり33秒2の速い脚を使2着まで追い上げたのは力がある証拠。

 

エンジンの掛かりが遅いタイプで、前走も急かせずに乗れる距離が合い中山外回り2200メートル戦に替わって快勝!コース形態は全く異なるが、能力は十分でここは面白い一頭だと思っている。

 

賞金的に言うなら、上記に挙げた3頭はここで優先出走権を得なくとも、ダービーで抽選と言う方法もあるのだが、やはり確実に連絡みを狙って来るだろう(特にアドマイヤスコール)

 

今回俺が軸にしたいと思っている馬は上記でななく、能力はあるが、一癖あるこの馬を中心に推してみたい。

 

オフレコ情報馬がこの馬だ!

◎は人気ブログランキング参照
※オフレコ激穴馬はここに記載↓

 

ようやく前走未勝利戦を卒業出来た同馬だが、これまで未勝利戦で2着は4回。

 

精神面に甘さがある分、最後の伸びがなく勝ち切れないレースが続いたが、チークピーシズを着用してからゴールまで諦めることなく走れる様になったと言う事だった。

 

馬具によるメンタル矯正で、走る気が芽生えたようにも映り、今回は引き続き調教も絶好と言う事で、人気は然程ないが、今回同馬を中心に上記に挙げた3頭へ流してみたいと思っている。

 

 

大波乱必至の青葉賞をの買い目を
無料メルマガで配信決定!

※買い目を希望する方は下記から登録

メルマガ登録・解除
メルマガID:008178
 

 

ご利用規約 powered by 競馬TV

 

今週は何だか、メルマガスタンドがメンテに入り(順次復旧予定とのこと)せっかくの地方重賞の買い目が届かないと言う状況にもあり、ご不便をかけて申し訳ない話しだ…

 

下記にメール頂いていたら、俺の気分次第になるが、地方交流重賞やメインレースの買い目も送る事もあるので、よかったら一度メールしてくれ。

 

このブログに対するお問合せや、的中報告は下記までメールにてお問合せ下さい

オフレコ馬券師、趙雲へメール

 

地方重賞も結構強いので、今後は地方競馬(特に南関競馬)の情報もお伝えしようかと考えているところだ。

 

水曜日の羽田盃は堅かったが、狙って当てれた事で回収率も飛躍的に上がった。

 

 

本命サイドでも1番人気でも、当たればいいんだ(笑)要するにTPOに応じた買い目と投資をする事が馬券購入には重要なんだ。

 

【真オフレコ馬券術-猛将伝】
※趙雲 子龍(著)