『高松宮記念2019』ダノンスマッシュは来ない!左回りの6ハロン戦はこう買え

俺が最も得意とするのは根幹距離であるマイル戦(1600m)なのだが、スプリント戦も結構好きでよく思わぬ大穴馬を推す場合がある。

 

サラブレッドの距離適性と言うのは、基本的に2つのポイントを検証する事によって馬びあがるものだ。

 

馬体と気性

この二つのポイントだが、外見で判断できないのはやはり気性だろうか…

 

今回1番人気確実なダノンスマッシュは、マイル以下での勝ち星がなく、間違いなくスプリンターなのでが、今回同馬は来ないと言い切っていい。

 

なぜなら…

 

 

2019年になって2つ目のGⅠ競争になるので、ここは確実に当てたいところだが、なぜ俺は今回ダノンスマッシュを切るのか?

 

1番人気でも来ないものは来ない!

オッズとは人が作り上げるもので、実際の実力とかけ離れている事が往々としてある。

 

ダノンスマッシュを買わない大きな理由としては、裏情報と言う事も確かにある。外厩仕上げで挑む馬が多数出走する中、同馬は純粋なトレセン仕上げの馬。ダノックスの要望もあって一時期しがらきに入厩していた時もあったが、ハッキリ言って今回は休養明け3走目で馬に疲れが見えて来ている。

 

一戦一戦に持てる力全てを出す同馬にとって、このローテーションは少し厳しいと居ざるを得ないのが正直な見解だ。

 

使い減りとでもいうのだろうか…

前走を快勝後、一旦は放牧に出すプランまで浮かびあっがっていた事は、一部の関係者以外知る余地もなく、今回はちょっと厳しい戦いになると思っている!

 

スプリント戦は準オープン以上にの馬になると、着差・タイム差はほとんどなく、1秒以内に十数頭が犇めくレースになる事が多い。

 

一番重要なのはもちろんスタート!

ゲートで後手を踏む様では、コンマ数秒を争うレースにとって致命傷以外の何物でもないのは言うまでもない。

 

 

ここからがオフレコ情報!

俺がオフレコ情報を元に軸馬に推すのが

セイウンコウセイ
何と、土曜日の前売りオッズで単勝100倍を超える大穴馬だ!

 

「正気ではない」そんな声が聞こえそうだが、前述した様に、オッズは人が決めるもので、実力に比例するものではない!

 

同馬の事を言える範囲で書くならば、この馬の騎乗依頼には、過去本当に色々とあって、オーナーは以前から松田騎手にこだわっていたのだが、陣営の薦めで幸騎手にスイッチ…そして惨敗

 

幸騎手がオーナーへ「申し訳ありませんでした」と直々に謝罪したと言うエピソードがある事は知る人ぞ知る事実なんだ。

 

函館SS勝利後は二桁着順が続いている事もあり、この人気も仕方ないのだが、ダート戦のJBCスプリント以外は全てデキ一歩足りない休養明けでの惨敗

 

昨年の高松宮記念でもファインニードルからコンマ3秒差の6着と、GⅠでも遜色のない事は実証済で、今回最大の盲点になるのは間違いない。

 

<高松宮記念参考買い目>
◎4番セイウンコウセイ
3番ミスターメロディ
9番ナックビーナス
8番レッツゴードンキ
6番アレスバローズ

3連単1頭軸マルチ流し
◎-3,6,8,9

馬連流し
◎-3,6,8,9,12,13

当然3連単で来たら大万馬券確定!
推奨は馬連流しだが、一応人気のダノンスマッシュとロジクライを入れて確勝としたい。

 

このレースで鍵になるのは

ハイペースの先行馬残り!
買い目に悩んだ人は是非進んで先行馬を買って見て欲しい。